研修日誌2012 vo2-2

研修2日目の続き

image_20121015050508.jpg

市場の後、エルミタージュのワイナリー・ダール・エ・リボさんの所に。
自然派の造り手さんだけあって、勝手に気難しい人のイメージを抱いていましたが、
先日訪問したティエリーさん同様に、非常に気さくな方でした。
時折日本語交じりで冗談なんかも…とにかくお茶目な方です。

image_20121015050926.jpg

image_20121015055831.jpg

カンティーナ内を見学後、ちょっとしたお手伝いを。

image_20121015060147.jpg

456.jpg

身長よりも大きな樽の上での作業。

ワインを完全に液体にする前に、果皮や種などに付けて渋みや色を
液体に抽出する過程(マセラシオン)が有ります。

浮いてきた果皮等を踏みつけて混ぜる作業です。
興味深かったのが結構枝の部分も一緒に入っていたこと。
よりタンニンが強くなるそうです。

昔ながらのやり方で、人力でのこんな作業は
大手や最近の造り手では殆んど無いそうで
ある輸入業者さんに聞いたところ
「そんなの今どき見たことない。すごい原始的!」
と驚いておりました。

しかし、このあたりのいわゆる自然派生産者たちは
今でもこのやり方をしているそうです。
昨日訪れたティエリーさんもそうだそうです。


450.jpg

樽の上に板を2本這わせて、腕だけでささえて
ひたすらズボズボと10樽ほどひたすら踏みまくります。

たまに落ちてしまって亡くなる方もいるそうです(怖)


483_convert_20121105032713.jpg

蔵の方も見せていただきました。
通常たまにかき混ぜて、均等に空気に触れさすはずですが、
「私はズボラたから、そんなこともしない」
と冗談めいて言っておりました。
あくまで自然にまかせる造り方です。

この後試飲に入ります。  つづく

研修日誌2012 vo.2

image_20121014160630.jpg

2日目は昨日よりもっと大きな市場からのスタート。

image_20121014161158.jpg

ポルチーニ(仏ではセップ)が安くて、びっくり!!
これでも普段より高値だそうです。

image_20121014161307.jpg

image_20121014161424.jpg

季節がらキノコ類も豊富です。

image_20121014162505.jpg


image_20121014162024.jpg

パテなんかが豊富な所は、フランスらしいです。

image_20121014162759.jpg

image_20121014162720.jpg

image_20121014162627.jpg

一通りなんでも揃いそうな品揃えです。

image_20121014163644.jpg

伊地知さんは、市場でも大人気。人柄ですね〜。
あの笑顔はフランス人も虜にします。
(写真はビゴール豚のサラミ屋さんと)



イタリア研修日誌1-2

225_convert_20121105034637.jpg

231_convert_20121105035635.jpg

ティエリーアルマンさん、ワイナリーに訪問。
ローヌでワイナリーを営む日本人・大岡さんの師匠にあたる人で、
自然派ワインの造り手として、フランス・イタリア問わず同じ考え方の造り手から
尊敬される存在の方。蔵にはフィリップ・パカレの名の入った樽も置かれていました。
交友が有り譲ってもらったとのことでした。


ここでコルナスの採れた葡萄の樹ごとの並行試飲。

166_convert_20121105035303.jpg


image_20121014121919.jpg


このあと、ティエリーさん宅にて、コルナスの垂直試飲。
この辺は多くのワイナリーが存在するワイン所。著名な造り手も多くありますが、
今回訪問のティエリーさん等の自然派ワインの生産者は
大手のメーカーとは殆んどお付き合いが無いそうです。
独特のワイン哲学のもとにワインの醸造をおこなっています。
ワインに対する考えは頑固ですが、本人はとっても紳士的な方でした。

138_convert_20121105041325.jpg

ティエリーさん宅も古民家をそのまま手直ししたご自宅で素敵でした。

お昼から飲みっぱなしでしたが、今夜は近所で一番おいしいと紹介されたビストロでもう一杯。

271_convert_20121105042956.jpg

275_convert_20121105043214.jpg

イタリア研修日誌2012 vo1

今回はミュンヘンからの乗り継ぎ。
天候不良のためか、かなり飛行機が遅れそう。
取り敢えず、腹ごしらえという事で、


image.jpg


飛行機はだいぶん遅れましたが、無事リヨンに到着。ここから車で一時間ほど南下した街ヴァランスへ。
今回はフランスに寄り道してからのイタリア入りとなります。

寄り道の理由は、ヴァランスにある「ラ・カシェット」のオーナーシェフ伊地知さんに
会いに行くため、だったのですがお迎えまでしてもらい、最初から最後までお世話になりっぱなし …>_<…

一つ星を獲得し、9月には二店舗目の「グルナッシュ」を開業した伊地知さんですが、
お忙しい中本当に良くして頂きました。

image_20121012164343.jpg


宿近くの小さな市場。などを観ながら…

image_20121014115221.jpg

伊地知さん宅で、取り合えず乾杯ー!
この後訪問するワイナリーのワインでした(^o^)/

image_20121014115554.jpg




帰国 イタリア研修日誌

110.jpg
なんだかんだありましたが、無事帰国の途へ。
しばらくは、ピエモンテ、エミリオロマーニャのお料理を出来るだけ、
紹介していこうと思います。早い者勝ちですが、お土産の品もありますので、
これからのガッパもよろしくお願いします。


余談ですが、今回利用した「エアー・ドロミティ」の機内サービスが驚きでした。
この会社は、EU内の小規模空港を経由している空港会社なのですが、
機内で軽食が出まして、パニーにとドリンク。
このドリンクが行きの便では、スプマンテで「ドゥブル」、
白ワインでアッピアーノのゲヴェルツなど、
帰りの便ではグァド・アル・タッソのロゼなどが出ておりました。
経費削減のあおりを受けている国営航空機関ではありえない品ぞろえで、ちょっとビックリ!
アルバム
店舗情報

Taverna Gappa

Author:Taverna Gappa
タベルナ・ガッパ
金沢市鱗町81-1
ライラックガーデン1F
tel 076-261-3882

営業時間
昼)《火~土》
 12:00~14:30(L.O 13:45)

夜)《月~土》
 18:00~23:00(L.In 22:00)
定休日 日曜
(日、月連休時は不定)

駐車場1台

◎《パーティコース》(要予約)
大皿取り分け(4〜25名様位)

⚪︎3,700円 ガッパの定番コース
前菜盛り・温菜・サラダ・パスタ・メイン

⚪︎4,700円 季節のお薦めコース
全4〜5皿

⚪︎6,700円 シェフのお任せコース

*上記の3コースに +500円でデザート付き
+1800円で飲み放題(2時間)もできます

◎《ディナーコース》(要予約)
お一人様一皿ずつのコース
(2〜6名様まで)
⚪︎5,500円 ⚪︎7,500円
お料理4〜5皿、デザート、コーヒー

◎《酒飲みコース》(要予約)
おつまみ、オードブル10品前後とパスタ1品
(4〜12名様迄)
お一人様2,700円
*上記に+飲み放題1,800円(90分)
延長は30分500円となります

カテゴリ
最新記事
関連記事

金沢イタリアン 食材通信 

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


FC2カウンター
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる